人を操る心理術

ハード・トゥ・ゲット・テクニックとは?有効な理由と活用方法を解説!

茉莉
茉莉
皆さん、こんにちは! 茉莉です。

今日は、ビジネスで売り上げや業績UPをしたい時恋愛や人間関係で相手の好意や信頼を得たい時に使える「ハード・トゥ・ゲット・テクニック」をご紹介します♪

ハード・トゥ・ゲット・テクニックとは?

ハード・トゥ・ゲットとは英語の「hard to get」=入手困難なもの、得難いものという意味です。

つまり、ハード・トゥ・ゲット・テクニックとは、相手に対して「あなたは特別」という扱いにより、好感や信頼を得たり、さらには何かを提案してくというテクニックです。

ハード・トゥ・ゲット・テクニックが有効な理由

上得意様だけ、会員様だけに、あなたのために、などと言って商品などを勧められた場合を考えてみてください。悪い気はしませんよね。私達人間は、「特別扱い」を受けることで相手に好意的になってしまいやすい心理が働くのです。

実は、これは誰もが持っている「承認欲求」を刺激されることが理由で、ハード・トゥ・ゲット・テクニックは、この承認欲求をうまくついたテクニックなんです!
承認欲求:「人に認められたい」「高評価を得たい」「特別な存在であると思われたい」という欲求

ハード・トゥ・ゲット・テクニックの実用例

このハード・トゥ・ゲット・テクニックがよくみられるのは、アパレル業界やネットショップです。ファミリーセールや、ネットショップでの会員制(ランク)で優待割引などや限定品の販売などがこれに当たります。

また、対面での販売や、セールスでも、いきつけのショップなどで「○○さんに似合うと思ってとっておいた商品なの!」や「常連さんだけに~」などという使われ方もあります。このように、特別扱いをすることで、相手は好意的になり、その先に提案する商品も興味を示してくれやすくなるため、購買率も上がっていくのです。

広告
広告

ハード・トゥ・ゲット・テクニックの恋愛での活用例

ビジネス(セールス/販売)でよく見られるテクニックではありますが、人間関係や恋愛でも効果を発揮するテクニックです。

恋愛では…好きな人から、お誘いがあった時、本当なら「はい!」と即答したい気持ちを抑えて「スケジュールを確認します」や「その日はあいにく予定があるので、〇日でいかがですか?」というように、簡単には手に入らない相手という印象を付けることで、より相手の興味をひくことができます。

また恋人や奥様、旦那様などに対して「あなたが一番」「あなただけに〇〇する」「あなただけが○○」といったように、「特別感」を出すことで、相手の気分を良くしてあげることができ、相手にとっても、大切にしたい相手だと思ってもらえるので、より良い関係を築いていけるようになります。

ハード・トゥ・ゲット・テクニックの応用

実は、以前にご紹介した希少性の法則ハード・トゥ・ゲット・テクニックを組み合わせて使うことで、相乗効果が期待できます。(希少性の法則:簡単に手に入るものは価値が低く、困難なものは価値が高いと、無条件に思ってしまう心理

茉莉
茉莉
「あなただけ特別に(ハード・トゥ・ゲット・テクニック)、限定数のみの商品(をご紹介します!」というように、自然に組み合わせて使うことができ、相手の承認欲求をさらに刺激できますね♪

ハード・トゥ・ゲット・テクニックで気をつけることは?

いくら特別扱いされたいとは言え、初めて会ったばかりのセールスマンや、ショップ定員さんに「あなただけに~」「特別に~」と言われても、「営業でしょ」「みんなに言ってるよね」と思われてしまい、逆に印象が悪くなります。

つまり、初対面ではなく何度か顔を合わせてある程度の心理的な距離が縮まっている状態の相手であることが前提です。また、本当に特別ではないにも関わらず、誰にでもこのテクニックを使い、嘘がばれたら、相手との信頼関係も失ってしまいますので、気をつけましょう

恋愛の場面でも、せっかくのお誘いを特別感をだそうと忙しさをアピールしたりなんども断ったりしすぎると、他に相手がいるのでは?と思われたり、相手の誘う気力を失わせ、他に好きな人ができてしまうかもしれません。

そして何より、お誘いをしてくれたのに失礼ですよね!断ったとしても、理由や本当は行きたかった、好きな気持ちがあるということを伝えて、しっかりフォローしてくださいね♪

まとめ:
1、ハード・トゥ・ゲット・テクニックとは、人間の持つ承認欲求を刺激することで相手に特別感をもたせ、好感や信頼を得たり、さらには何かを提案してくというテクニック

2、ビジネスだけでなく、人間関係や恋愛でも効果を発揮するテクニック

3、使う相手との関係性を考えて使う

皆さんの職場での人間関係や、恋愛関係、友人関係、親子関係などを円滑にするお手伝いになればうれしいです♪