信頼向上

自己開示の返報性とは?効果や仕事、恋愛での活用方法を解説!

茉莉
茉莉
皆さん、こんにちは! 茉莉です。

以前、返報性の原理というものをご紹介しましたが、今日は、返報性の原理と合わせて使える心理テクニックをご紹介します♪

自己開示の返報性とは?

自己開示とは

良く聞くこともあるかと思いますが、文字通りそのまま「自分(自己)を開示すること」で、自分の内面や経験、考え方など様々な情報を相手に見せていくことです。

返報性の原理とは

返報性の原理とは相手にしてもらったことを、自分も相手に返すという気持ちが働く心理です。簡単に言うと「義理」「お返し」といった心理ですね。

自己開示の返報性とは

この自己開示と、返報性の法則が合わさったもので、自分が自己開示をしていくと、相手も情報を明かしてくれる様になるというものです。

茉莉
茉莉
こちらが相手に自己開示をしていくと、受けた方も同じように「お返し」したくなるという心理が働き、自己開示をしてくれるのですね!

自己開示の返報性の効果は?

自己開示の返報性は、人間関係の色々な場面で影響しています。

初対面では、日常会話・世間話などを話すと思いますが、より個人的な話するようにすることで相手の話もオープンにしてもらえ、お互いに理解をし、親交を深める事ができるようになります。

例えば…

学生時代の新学期などで、新しいクラスメートとの間の会話も次第にそれぞれの好きなもの嫌いなもの、得意な事苦手なことなど深く知るようになり、その中でも、より深く知り合っている友達は親しさが増し、親友とも呼べる間柄になっていると思います。

ビジネスシーンでは

取引先の担当者さんの場合でも、時間が経つにつ入れ、次第に打ち解けプライベートな話もできるようにまでになった担当者さんとは、お互いにちょっと難しいお願いも頼みやすかったりします。

私自身も、頻繁に顔をあわせたり、電話でのやり取りのある業者さん、担当者さんから、何かお願いされたりすると、できるだけ答えてあげたいなと思いますし、逆にこちらからも困ったときには、お願いがしやすいので、他の業者さんよりも先にお話をもちかける場合が多いです。

自己開示の返報性の活用法

相手の深い話を知っていればいるほど、親しい関係だとお互いに認識をするので早く親しくなりたければ、積極的に自己開示をしていけばよいですね♪

恋愛では…

片思いのお相手と親しくなるためには、少しづつ自分の個人的な話をしていくのはとても有効な手段です。ただ、あまり親しくない関係の時に、一方的に自分の話ばかりしないように気を付けましょう。段階を踏んで自己開示をしていく事が大事です。

茉莉
茉莉
まずは二人の共通点や趣味などを探りながら、あたりさわりない答えやすい質問から始め、ある程度親しくなった段階で少しずつ自己開示を始めていくと良いですね♪

自己開示がうまくできていれば、相手からも色々話をしてくれるようになり、興味を持ってもらえるようになり、関係もステップアップしていきます。徐々に、他の人には話せないような深い悩みやネガティブな内容も話していけるようになり、そのころには、お互いに信頼感も高まり、特別な相手だと感じるようになってるはずです。

相手も、ここまで自分を出せる相手という認識があるので、好感を持ってくれている可能性もアップしていますので、この段階で、「気になっている」「好き」という好意を表したり、告白をしてしまえば成功率も高まっているでしょう。

例えば…片思いの相手に、「相談したい事がある」と言って、自分の弱みや悩みを開示して、相手にも自己開示してもらい、親密になり恋人関係になるという方法があります。

自己開示の返報性を知ってか知らずか、実は、女性は良くこのパターンを使っている人も多いですね。普段から、男性よりも女性の方が自然に自己開示を積極的にしている場合が多いため、この「相談」パターンも女性の方には慣れたものなのかもしれません。

広告
広告

自己開示が苦手な人はどうすればいい?

自己開示が人間関係で良い効果があることはわかりましたが、苦手だという人も多く、どうしたらよいかわからないという方もいるでしょう。実際、私も自己開示はかなり苦手で、親しくなるまでに時間がかかってしまうタイプです。

では、どうしたらよいのでしょうか?

なかなかいきなりプライベートな話は抵抗がある場合、出身地や趣味、好きな音楽や俳優など、比較的簡単に人に話してもよいなと思えるような情報からオープンにしていくようにすると良いと思います。その中で、お互いに共通点が見つかれば親近感を持ってもらえることができますし、もし共通点がなかったとしても、自分がどのような人なのかを知ってもらえるので、距離を近づけていくことができます。

まとめ:

1、自己開示の返報性とは、こちらが相手に打ち明け話(自己開示)をしていくと、受けた方も同じように同程度のレベルの打ち明け話を「お返し」したくなるという心理が働くこと

2、自己開示の返報性は、お互いの親密度によって段階がある為、相手との距離に合わせて、自己開示の段階深くしていく

3、相手の深い話を知っていればいるほど、親しい関係だとお互いに認識するようになる

自己開示の返報性を、上手く活用してみてくださいね