誘導法

YES誘導法(イエス誘導法)とは?活用方法や注意点を解説!

茉莉
茉莉
皆さん、こんにちは! 茉莉です。

お願いを断られたくない、承諾してもらいたい時、誘導して、意図的に相手に「はい(YES)」と言ってもらえるように出来たらいいな~と思いませんか?

今日は、そんなときに使える「YES誘導法」をご紹介します♪

YES(イエス)誘導法とは?

私達は、「はい(Yes)」と答えるような質問が続くと、その流れでYesと答えてしまう心理が働きます。そこで、この心理を利用して、相手がYESと答えるような簡単な質問を何度か繰り返していき、流れができたところで、本題のお願い事(交渉や契約なども)の承諾を得られるように持っていく心理テクニックをYES(イエス)誘導法と言います。

本当にそんな簡単にYESを誘導できるの?

答えは半分Yes、半分Noです。どういうことかというと、質問の方法と相手のYesの種類によって成功するかどうかが変わってくるということです。

茉莉
茉莉
相手が「はい」と答えるような質問なら何でもよいというわけではないんですよ!

YES誘導法(イエス誘導法)での注意点

先にお伝えしたように、まず本題でYESをもらえるようにするための質問を選んで投げかけていく必要があります。

では、それはいったいどんな質問なのでしょうか?

YES誘導法(イエス誘導法)の質問の種類

ここで、まずYES(はい)の種類について考えてみたいと思います。

1、ただの相槌であるYes(同意の意味はない)
2、世間話の中で出てくるYes(同意/肯定/共通)
3、最終的に欲しいYes(承諾)

1の場合は…

yesがもらえたとしても、意味がありません!次に続く本題で望むようにいかない可能性が高いです。

2の場合は…

コミュニケーションをとることができるので、相手の警戒心を解き、親近感を持ってもらえるという効果があります。つまり、本命の3へもっていくために、2のようなYesを沢山もらえる質問を投げかけることが必要なのです。

また、同じ2のYesでも、ただの同意ではなく、できるだけ共感を得られるような内容の質問だとより良いです。

茉莉
茉莉
ちなみに、大きなYESから小さなYESへ持っていけるようにすると、その効果が最も効果と言われています。
広告
広告

YES誘導法(イエス誘導法)で重要な事

マイナス(ネガティブ)な質問を投げかけないことです。その場合は、たとえ言葉上Yesの回答だとしても、逆効果です。

例えば、本当は話を聞いてもらいたいにもかかわらず、相手に、「急いでいますよね」という聞き方をしたり、「あまり好きではないですよね」といった具合です。こういった質問をしてYesが返ってきても、意味がないですよね。本題に入る前に会話が終了してしまいそうです。

まとめ:

1、相手がYESと答えるような質問を繰り返していくことで、同意する流れを作ってしまう心理誘導法
2、誘導の質問では、共感や親近感を持ってもらえるような内容にする
3、ネガティブな質問でYesを誘導しない

茉莉
茉莉
テクニックにこだわりすぎで、会話の内容に気が回らなかったり、Yes誘導法を悪用したりするようなことはしないで、相手とのコミュニケーンをとって、上手く活用してみてくださいね!

皆さんの職場での人間関係や、恋愛関係、友人関係、親子関係などを円滑にするお手伝いになればうれしいです♪